熊本工、終盤に追い上げるも敗退

西日本スポーツ

 ◆全国高校野球選手権2回戦:関東第一6-5熊本工(14日・甲子園)

 3回に1点先制された熊本工は4回に追い付くが、5回に失策も絡んで4点を失った。7回に1点差まで迫ったが、追い付けずに敗れた。

 熊本工打線は、相手先発の右腕土屋のチェンジアップに翻弄(ほんろう)され、6回まで2安打に抑えられた。

 5回に足技と連打で攻められ、失策も絡んで4点を失ったが、7回に反撃。この回先頭で先制適時打を放っていた4番内田が二塁打で出塁。5番森も右前打し無死一、三塁と好機を広げた。

 このチャンスに1死後、7番山口が三塁手のグラブをはじく2点適時打で3-5。2死後、9番江川の中前適時打で一時1点差に迫った。

 2点を追い掛ける9回も先頭の森が中前打で出塁。1死3塁から内野ゴロの間に1点をかえすにとどまった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ