熊本工エース林、力投実らず 5回5失点

西日本スポーツ

5回1死三塁、関東第一・野口(左奥)に適時打を浴びた林 拡大

5回1死三塁、関東第一・野口(左奥)に適時打を浴びた林

 ◆全国高校野球選手権2回戦:関東第一6―5熊本工(14日・甲子園)

 甲子園初登板初先発のエース林は力投したが5回5失点で降板した。台風の影響で強風が吹いたため、飛球を打たせないように低めに集めていたが、5回1死、初めて外野に飛んだ飛球が中前のポテンヒットになり、以降5連打。守備の乱れも絡んで一挙4点を奪われた。「5回は相手が慣れてきてしっかりバットを振ってきた。2試合目でチャンスをもらったのに勝てなくて悔しい」と不本意な投球に険しい表情を見せた。

PR

PR

注目のテーマ