2人を申告敬遠で満塁策、サヨナラ負けに工藤監督「結果的にはベンチの責任」

西日本スポーツ

 ◆楽天4-3ソフトバンク(15日・楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクの救援陣が逆転を許し、今季4度目のサヨナラ負けを喫した。

 延長11回、2人を申告敬遠して1死満塁。この回からマウンドに上がっていた高橋純が、銀次に3ボールからフルカウントまでした後、右前にサヨナラ打を放たれた。高橋純はプロ初黒星。

 試合後、工藤監督は「ピッチャーは指示に従って頑張ってくれた。結果的にはベンチの責任」とかばった。

 逃げ切れなかった。同点だった5回途中から勝ちパターンの投手を次々に投入して7回に1点勝ち越し。8回はモイネロにつないで万全の体制で臨んだが、2死三塁からウィーラーに右前打され同点に追い付かれた。先発二保の後、7人の投手をつぎ込んだが抑えきれず、連勝は6で止まった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ