ソフトバンク中村晃7回執念適時打

西日本スポーツ

 ◆楽天4-3ソフトバンク(15日・楽天生命パーク宮城)

 中村晃が執念の一打を放った。同点の7回2死三塁で美馬のフォークを巧みに拾い、一時勝ち越しの左前打。「落ちて、と思いながら走った。ここで仕事をするしかない、と思っていた」。2試合連続の先発2番。前日の14日の先制打に続いて価値ある打点を記録し、復調をアピールした。

PR

PR

注目のテーマ