九州・沖縄勢は8強に残れず 海星が無念のサヨナラ負け 強打の八戸学院光星と互角の熱戦も

西日本スポーツ

9回1死満塁、八戸学院光星・下山にサヨナラ中前打を浴び、肩を落とす海星・江越(左から3人目) 拡大

9回1死満塁、八戸学院光星・下山にサヨナラ中前打を浴び、肩を落とす海星・江越(左から3人目)

 ◆全国高校野球選手権3回戦:八戸学院光星7×-6海星(16日・甲子園)

 九州・沖縄勢の最後のとりでだった海星がサヨナラ負けで姿を消した。2番手で力投を続けてきた江越が9回に2安打と四球で1死満塁とされ、相手6番に中前へのサヨナラ安打を浴びた。

 海星は初回に死球と犠打で2死二塁とし、4番高谷が先制の適時二塁打。さらに5番坂本が2ランを放ち、幸先よく3点を先制した。

 先発の柴田は初戦の2回戦で無四球の2失点完投勝利をマークしたが、初回に相手3番にソロ本塁打を浴び、3回にもソロ本塁打を含む3安打を集められて3点を失い、逆転を許して降板した。

 4回にも2番手の江越が2点を失ったが、打線は3点を追う6回に反撃。先頭の6番太田の四球、7番村上の安打から盗塁も絡めて攻め、相手投手の暴投と2番大串の2点適時打で同点とした。9回は2死から3番の松尾倫が三塁打を放ったが、あと1本が出なかった。

PR

PR

注目のテーマ