7R特選は水谷好宏の機動力を信頼 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のミッドナイトF2「チャリロト杯」が18日に開幕する。A級1、2班の7個レース制。初日メインの7R特選は、得点最上位の水谷好宏を本命視する。S下がりの今期は、4場所全てで決勝への勝ち上がり。しかも、ここ2場所は、初日特選で白星発進と力量は間違いなく上位だ。同い年の玉手翔を連れて近畿ワンツーを決める。ただ、自力自在に攻める山本健也の台頭も十分。

【7R・特選コメント】
 (1)水谷好宏 ミッドナイトは初めて。ただ普段から夜遅くまで自転車以外のトレーニングはしている。中部地区の自力には付いたことはない。自力で。
 (2)山本健也 本音を言えばもう少し欲しいけど、練習はペースを崩さずにできている。付いて良かったと思ってもらえるよう自力自在で頑張る。
 (3)小玉拓真 前回の久留米はセッティングが出ていなかった。今回もいじりながらだけど、練習ではスピードは出ていたので、本番でどうかですね。小倉は好き。自力で。
 (4)重倉高史 前回の失格で点数はきつくなったけど、動けている感じはあった。練習もばっちりやってきた。1人でも自力で。
 (5)小笠原昭太 ウエートトレーニングを中心にやってきた。山本君。
 (6)吉松直人 地区プロに出るための支部プロで落車した。練習は2週間くらい。違和感なくもがけたと思う。小玉君。
 (7)玉手 翔 体調は前回よりもいいと思う。小倉も相性はいい。同い年の水谷さんの後ろ。連係はS級で何回かある。

 

<各レースの見どころ>

  (1R)伊藤が「OBの河村文人さん(89期)に整体してもらった2場所前から調子がいい」と言う。北村との直線勝負を制す。
 【3連単】7―1―234。


  (2R)3車の九州勢が優位。高鍋は「一時期よりレースができている」と調子は上向き。狙いは、積極的な鮫島に付ける宮司の台頭。
 【3連単】1―7―243。


  (3R)小原と大中がともにバック15回だが、機動力で勝る小原が大中の先行を許さず逃げ切りへ。阿部がしっかりと追走。
 【3連単】7―1―243。


  (4R)小竹が「小倉は大好きなので大丈夫」と自信たっぷりで本命視したが、着実に力を付けてきた佐山の積極策が脅威。
 【3連単】1―7―523。佐山が主導権を握って5―3―172


  (5R)大洞は「中途半端過ぎる」と走りに反省点もあるが、脚力は間違いなく上。好機に仕掛けて白星発進へ。
 【3連単】1―7―346。


  (6R)先行意欲が高い吉川は「まだA級1、2班戦の流れがつかめていない」。ならば「小倉は相性がいい」うえに「前回より調子もいい」と言い切る緑川から。
 【3連単】1―7―246。


  (7R)水谷は降級した今期、4場所連続決勝入りと格上の存在。番手の玉手がしっかり追走とみたが、山本も地力は確かで侮れない。
 【3連単】1―72―7234。
 

PR

PR

注目のテーマ