千賀、次回の登板で真価問われる/柴原洋氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の柴原洋氏 拡大

西日本スポーツ評論家の柴原洋氏

 いくら千賀といえども強力な西武打線を相手に、かわすような投球は通用しない。内角を使いながら攻める投球をしなくては踏み込まれて長打を浴びてしまう。さらに4失点した前回登板の日本ハム戦でも同じ傾向が見られたように、変化球が抜けていた。

 今年の千賀は1イニングでも多く投げようという気持ちが表れており、エースの自覚が目に見える。大事になるのは次回の登板だ。疲労はあるだろうが、気持ちを切り替え、攻める姿勢を思い返して投球で示せるか。「やっぱり千賀がエース」と思われる圧巻のピッチングをしてほしい。エースの背中をみんなが見ている。真価が問われる登板になるだろう。

 千賀降板後の展開も気がかりだった。2番手の笠谷も西武打線の勢いを止めることができなかった。千賀と同じく、捕手の甲斐も沈んだ気持ちを引きずっていたとしても無理はない。流れを変えるためにバッテリーごと代えてしまう策もあっただろうが、現在は捕手2人制を敷いており、高谷がけがをしたときのリスクを考えると、簡単には甲斐を代えられない。捕手2人制の難しさを感じた試合にもなった。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ