脇本は4着敗退 オールスター 【名古屋】

西日本スポーツ

 名古屋競輪のG1「第62回オールスター」は17日、準決勝3個レースを行い、決勝に進む9人が出そろった。10Rはロング捲りの新田祐大が押し切り。11Rは4番手確保の平原康多が2角捲りで快勝。12Rは3番手に付けた郡司浩平が番手捲りの渡辺一成を直線で捉えて勝利。ファン投票1位で本命視された脇本雄太は、終一角8番手から捲って追い上げたが4着に敗退した。9Rではガールズドリームレースが行われ、児玉碧衣を終始マークしていた石井寛子が差しで制した。連覇を狙ったファン投票1位の児玉は逃げて2着だった。

PR

PR

注目のテーマ