捕手2人制で代打を出した理由/工藤監督一問一答 8.18西武戦

西日本スポーツ

2回無死、右中間ソロを放たコラス(手前)を祝福する工藤監督 拡大

2回無死、右中間ソロを放たコラス(手前)を祝福する工藤監督

 ◆ソフトバンク5-4西武(18日・ヤフオクドーム)

-逆転で1点差勝利

 逆転された後に、松田君と明石君が素晴らしいバッティングをしてくれた。初回からしっかり点を取れましたし、今日、1軍に上がったコラス選手にもホームランが出て本当によかった。

-逆転した7回は代走周東の盗塁も生きた

 大きかったです。そういう期待を込めて出してますんで。

-捕手2人制だが、1点を勝ち越した7回は2死三塁で甲斐に代打長谷川を送った

 常に点を取ったらもう1点。チャンスがあるならば点を取れるようにと思っているので。西武は打線的にはすごい打線なので、何点あってもいいと、チャンスがあったらいこうと思っていた。

-6回に甲斐野、7回に高橋純が2人で6者連続奪三振

 しっかり三振で抑えるとチームにも勢いがつきますし、そういう意味ではあそこの三振というのは非常に大きかった。

PR

PR

注目のテーマ