日本人では36年ぶり快挙 鹿児島から東京五輪目指すボクサー (2ページ目)

西日本スポーツ

鹿児島県鹿屋市内のジムから東京五輪を目指す岡沢セオン 拡大

鹿児島県鹿屋市内のジムから東京五輪を目指す岡沢セオン

鹿児島県鹿屋市内のジムで地元高校生らとサンドバッグを打つ岡沢セオン(左)

 ◆岡沢セオン(おかざわ・せおん)1995年12月21日生まれ。山形市出身。ガーナ人の父と日本人の母から生まれ、小学1年で同市内でレスリングを始める。日大山形高からボクシング部へ。中大ではライトウエルター級で、4年時の国体ライトウエルター級で準優勝。全日本選手権は3位だった。卒業後に鹿屋市のジム「Wild.b sports」へ。サウスポーだが本来は右利き。セオンはエジプト神話のセト神から父が付けた。身長179センチ。

PR

PR

注目のテーマ