引っ張り一辺倒から進化したコラス/秋山幸二氏の目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5―4西武(18日・ヤフオクドーム)

 コラスの打撃を楽しみにしていたが、プロ初打席での一発は打線のいい刺激になっただろう。外角に逃げていく抜き気味の球に対して、右肩を開かずにしっかり粘り、バットの先でうまく捉えたのは大したもの。その後の打席も含め、反対方向への意識が見えた。

 来日3年目で、当初は引っ張り一辺倒だったが、そこからファームで反対方向に打つ練習を重ねていた。広角に打てるようになったのが、彼の成長した部分だろう。日本の投手に対応する技術をつくり上げている最中だと思うが、順調にきているのではないか。

 これからも1軍で結果を残すには、対戦相手の情報を集めることが大事。6回に三振に打ち取られた小川のように、左打者が打ちにくいタイプの左腕もいる。球質、球種、変化、タイミングなど研究することは多い。しっかり記憶に残して、次に対処してほしい。

 投手陣では甲斐野や高橋純がよく投げたし、逆転した7回に代走で二盗を決めた周東もすごい。あれでバッテリーにかかる重圧は全然違うものになったはず。走ってくると分かっている大事な場面で、何度も成功してきたことが自信になっている。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ