「こういう夢もある」渋野支える青木コーチに聞く1

西日本スポーツ

全英女子オープン優勝を記念して渋野がサインしたフラッグを手に笑顔の青木コーチ 拡大

全英女子オープン優勝を記念して渋野がサインしたフラッグを手に笑顔の青木コーチ

 ゴルフのAIG全英女子オープンで日本選手として42年ぶりにメジャー優勝した渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は、兵庫県内でアカデミーを開く青木翔コーチ(36)に2017年秋から本格指導を受け「スマイリングシンデレラ」への階段を駆け上がった。当時の渋野はプロテスト不合格になったばかり。自らもプロテストに落ち続け、27歳で指導者の道を志した青木コーチは自身を反面教師に「一本の芯を太く」の信念で失意の渋野を支え、二人三脚で大輪の花を咲かせた。シンデレラに“魔法”を掛けた青木コーチに「シブコ」を語ってもらった。(聞き手・構成=西口憲一)

-青木コーチ自身も、もともとツアープロ志望だった

 今思えば、ツアープロへの挑戦はやめてよかった。もちろん後悔はある、もう少し真面目にやっておけば、みたいな。

-福岡大時代はゴルフ部で主将だった

 短気で負けず嫌い。感情を表に出していた。後輩にも厳しかったと思う。プロテストは5回ぐらい受験した。結果はまったく駄目。2回目までに「厳しいな」と自分自身で感じた。どれだけ調子が良くても試合になると、普通なら出もしないミスを犯す。ゴルフで食っていくのは厳しいかなと。でも、ゴルフにすがりたい気持ちもあった。

-恵まれた体(181センチ、77キロ)をしている

 人より距離が出た。ドライバーは普通に300ヤードぐらいは飛んでいた。何とかなるんじゃないかなと思う自分もいた。ゴルフは父に誘われて中学1年から始めた。ちょうど思春期で、親子の会話をするために共通の趣味を持とうというのが発端だった。

-落ちても落ちても受験した

 大見えを切ってやったというのもあったし、ゴルフをするために福岡大に行った。もともとは理系で、大学の理工学部にも進む道もあった。でも、プロゴルファーになると公言して高3のときに(文系に)変えた。だから、大学は経済学部。そこまでやっているのに、1、2回失敗したから「無理」とは言えなかった。

-最後は自分で区切りを付けた

 25歳まで福岡にいて、本格的にティーチングの道を志すようになったのは27歳ぐらいのとき。プロテストは受けずに最後はQT(予選会)を記念受験して「もういい、やめた」と。そこからレッスンを始めて、ジュニアの子たちが集まってきて…。日本アマの優勝者が出たこともあって、いい流れになった。つくづくラッキーだと思う。

-経験者だからこそ伝えられるものもある

 ゴルフをやっている研修生たちやジュニアの子どもたちに言いたい。プロ野球は球団、Jリーグにはクラブがある。でも、ゴルフ界には「もう、おまえは駄目だ、明日からいらない」と首を切ってくれる人がいない。良くも悪くも自分。どこでラインを引くかで、その後の人生が決まる。だから、渋野よりも下の世代の子どもたちには「勉強もしなさい」と口やかましく言う。女子のツアーは、言い方は悪いけれど、プロになってしまえば人気もあるし、いろんな稼ぎ道がある。男子はレギュラーツアーでもなかなか食えない。男は嫁と子ども、家庭を守らなければいけないから。

-ゴルフ界は決して華やかな世界ではない

 スイングが科学的に解明されて、クラブも進化して…。オートマチックなクラブも次々と誕生している。となると身体能力が高い選手が自然と上がってくる。渋野の身体能力はやっぱり高い、運動神経がいい。

-違う道を進める役目も担う

 もう(ゴルフを)やめた方がいい、と通告する役割をコーチがしなければいけない。うちのアカデミーの選手でも女子でプロテストに3回落ちた子がどうしようか迷っていたときに「やめるなら今だよ」とはっきり言った。良くも悪くも気付かせないといけない。プロゴルファーになるより、普通に働いた人が(生活的にも)楽なケースだってある。ただ、今回の渋野のようなケース…こういう夢もある。夢を見るのはいい。でも、親も一緒になって夢を見るのは、個人的にはあまりどうかなと。その点、渋野の親は一歩引いている。僕はその子の人生の片棒を持っているわけだから、成功させることはもちろん、方向転換させることも大切。アカデミーをやめて、ゴルフをやめた子から連絡をもらうとうれしい。

-自らを反面教師にしている

 僕は27歳までだらだらしていた。仮に今の時代だったら、一回受けて落ちたら、もうやめていた。福岡の実家に住んでいて、25歳のときに落ちて、親に「家、出るわ。このまま家にいたら駄目やから」と言った。ちょうど兵庫でQTの試合があったので1週間残って、兵庫で家を探して引っ越した。僕がそういうことを親に言ったのは初めて。母親も納得していた。

(2につづく)

PR

PR

注目のテーマ