「家とかホテルでは泣いている」渋野支える青木コーチに聞く3

西日本スポーツ

 ゴルフのAIG全英女子オープンで日本選手として42年ぶりにメジャー優勝した渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は、兵庫県内でアカデミーを開く青木翔コーチ(36)に2017年秋から本格指導を受け「スマイリングシンデレラ」への階段を駆け上がった。当時の渋野はプロテスト不合格になったばかり。自らもプロテストに落ち続け、27歳で指導者の道を志した青木コーチは自身を反面教師に「一本の芯を太く」の信念で失意の渋野を支え、二人三脚で大輪の花を咲かせた。シンデレラに“魔法”を掛けた青木コーチに「シブコ」を語ってもらった。(聞き手・構成=西口憲一)

(2からつづく)

-渋野プロは「笑顔」がクローズアップされているが、気持ちの強さも半端ない

 最後の歯を食いしばって、ツアーで予選を通るとか、もう根性しかない。そこは日本人の気質として、僕は肯定していきたい。渋野もそうだし、僕の指導はプレーヤーのときにやってこなかったことばかり。やってこなかった、失敗しかしていないからこそ大事だと感じている。自分がやってきたことは一切させていない。僕は上げたり、転がしたり、アプローチもできたけれど、ショットにつなげることをしていなかった。コーチって、どれだけ自分を否定できるか。自分が正解とは思っていない。常に疑っている。ゴルフに正解はないから。

-SWが「魔法のつえ」になった

 これだけ成績が出て、プライドもあると思うけれど、渋野はやれと言ったことを絶対にやる。例えば「右手の片手打ち」は丸2年、ずっとやっている。それこそノリと気合と根性で(笑)。一つの芯として「これは絶対」というものをやり続ければ芯は太くなる。やらないから自分で迷っていく。僕は一本を太くするより、細い物をつなぎ合わせようとしていた。そういうゴルフは一個ほころびが出ると全部崩れていく。「一本の芯を太く」と今でも言っている。

-指導を始めてから現在まで、渋野プロの涙を見たことは

 (5月のワールド・サロンパス・カップで)初優勝したときだけ。たぶん、家とかホテルとかでは絶対に泣いている。僕の前で泣いていたら「人前で泣くな」と怒る。試合会場は彼女たちにとって大切な仕事場。たとえ結果を出せなくても、悔しくても、最後までギャラリーの声援に対して応えないといけない。

-当初設定していた今季の目標は

 賞金シード。高望みをしてシーズンインはしていない。まずは職場を確保すること。

-今季初勝利を挙げたことで気持ちに変化は。

 多少なりともあったと思う。現実的な目標がなくなったみたいな。それは慢心ではない。でも、その時点で賞金ランクが2位とかになって、周囲が「賞金女王」みたいなムードになって、彼女自身も「取らなきゃ」と感じたのかも。笑顔も少なくなった。そこで「今やるべきことをやろうよ、もう一回」と伝えた。

-一躍時の人になって、今後ますます注目される

 まだまだ弱い。まだやれると思うし、これからいろんな苦しみが彼女を襲ってくる。その苦しみを乗り越えて、強くなっていく。でも、こういう結果(全英V)を出した自分があるんだから、そこは受け入れて、うまくやっていかないと。その中で自分のスタイルを変えずにやってほしい。何も変えなくていい。大事なのは「自分は自分らしく」を貫き通せるか。何度も言うけれど、上手じゃなくていい。下手でいい。強くなれればいいんだから。自分を強く、ゴルフを強く。どんなに下手でも、追い込まれた状況で成功させる気持ちの強さが一番大事だから。

-ボギーかそれより悪いスコアの直後に、バーディー以上でカバーする「バウンスバック率」が北海道meijiカップ(9~11日)を終えた時点でツアー1位

 渋野は気持ちで(バーディーを)取っている。クソッと思って打っているだけなんで。

-バック9(後半9ホール)での強さも際立つ

 もともと追い込まれてから気合が入る人。まあ、前半はだいたい様子見でいっているのもある。それが彼女の戦い方として、少しずつゲームのつくり方が見えてきているのかなと。野球のピッチャーでいう「初回からぶっ飛ばす」というのではなく、立ち上がりすーっと入って途中からギアを上げるみたいな。彼女自身の現時点でのプレースタイル、ゴルフの組み立てだから、そこはあまり口を出す必要はない。後半に(スコアを)落としていたら叱るけれど。ゴルフのスタイル自体が確立されているかと聞かれたら、まだそうではないと思う。

-逆に伸びしろがある

 軽井沢での試合(NEC軽井沢72)前に、右手での片手打ちドリルをやっておくように伝えた。北海道でのプレーを見て、アプローチで悪い癖というか、修正ポイントがあった。たぶん彼女は分かっている。原点というか基本というか「これをやっておけばいい」と思えると気持ちも楽。コーチって「戻る場所」「帰る家」かもしれない。新しいことを要求するのは違う。常に絶対的なものがあって、そこにプラスアルファで新しいことを入れていこうというものだから。いくら彼女が世界一になろうが、必ず練習の中に「これは」というメニューを入れるということをやらないと。きっと、イチローさんとかもそうだったはず。コーチは選手の「継続」を支えることが仕事。そう、根気しかない。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ