大阪「鷹の祭典」村上ショージ、ワンバン始球式 闇営業問題もネタに

西日本スポーツ

始球式で投げる村上ショージ 拡大

始球式で投げる村上ショージ

 ◆ソフトバンク-西武(19日・京セラドーム大阪)

 大阪開催の「鷹の祭典」で、吉本興業のお笑いタレントの村上ショージ(64)とジミー大西(55)、ヤナギブソン(43)が、始球式を務めた。「昔、さんまさんのチームのエースで金田(正一)の記録を抜いて500勝ぐらいした」という村上が投球。ワンバウンドし「チェンジアップだった」と弁明した。始球式前には、グラブにちなんだ漫談を披露したが、ファンの反応は少し冷ややか。「8月は何をやってもダメ。8月はウケた試しがない」と苦笑いした。この日は闇営業問題で謹慎していた芸人の処分解除と重なった。村上は謹慎中の11人を食事に連れて行ったと報道されたことに「実際2人しか連れて行っていないけど」と語り、最後はしっかり笑いを誘っていた。

PR

PR

注目のテーマ