ソフトバンク明石、好走塁で決勝ホーム

西日本スポーツ

4回2死三塁、松本航(右)の暴投で三走・明石が生還 拡大

4回2死三塁、松本航(右)の暴投で三走・明石が生還

 ◆ソフトバンク2-1西武(19日・ヤフオクドーム)

 明石が的確な状況判断で決勝のホームを踏んだ。4回先頭で中前打を放つと、甲斐の犠打と今宮の中飛で三塁まで進塁。

 打者福田の場面で松本航が2球目のカーブをたたきつけると、明石は「スタートを切る時点で(捕手の)森がまだボールを見失って探していた」ところを突いて本塁を陥れた。前日の18日には決勝打。「毎日、何か一つは仕事をしようと思っている」と試合に臨むモチベーションを語った。

PR

PR

注目のテーマ