甲斐キャノン陽動を見抜くも…ベンチぶぜんの結果に

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(21日・ヤフオクドーム)

 冷静に状況判断したソフトバンク甲斐だったが、結局は冷や汗をかく展開となった。

 3点先制直後の2回、先発の高橋礼が2死一塁から連打を浴びて1失点。なお一、三塁で打者若月のとき、一塁走者の安達がスタートを切った。

 甲斐が二塁送球すれば三塁走者の西浦が本塁を狙う構えだったが、甲斐は送球せず、西浦を三本間で挟んだ。ところが三塁の松田宣へ送球するタイミングが遅く、また松田宣もクロスプレーでボールを落としており、西浦は帰塁。結果的に安達の二盗だけが決まり、二、三塁に傷口が広がった。

 一打同点のピンチとなり、ベンチの工藤監督ら首脳陣はぶぜん。次の球で若月を空振り三振に仕留め、事なきを得た。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ