柳田4カ月ぶり弾!ソフトバンク逆転勝ち、さあM灯

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-1オリックス(22日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが序盤の劣勢をはね返し、逆転勝ちを収めた。

 打線はオリックス先発の張奕に苦戦し、4回まで安打を放ったのは松田宣だけ。5回も簡単に2死とされたが、福田、柳田の四球から内川が逆転二塁打、さらにグラシアルも適時二塁打を放ち、一気に降板に追い込んだ。

 先発・和田は初回先頭の福田に三塁打を許し、先制される立ち上がりだったが、その後に快投。3回から6回をパーフェクトに抑え、救援陣に後を託した。

 左膝裏の肉離れから復帰2試合目の柳田が、2点リードの7回に逆方向へソロ。8回には途中出場の牧原にも適時打が出て、リードを広げた。

 和田は連勝で4勝目。オリックスの連勝は「5」で止まった。ソフトバンクは早ければ23日に優勝マジックが初点灯する。

PR

PR

注目のテーマ