工藤監督「ずっと2番に置いとこうかなぁ」次戦千葉

西日本スポーツ

7回1死、ソロ本塁打を放ち、工藤監督(左)とタッチを交わす柳田 拡大

7回1死、ソロ本塁打を放ち、工藤監督(左)とタッチを交わす柳田

 ◆ソフトバンク5-1オリックス(22日・ヤフオクドーム)

 5連勝中と好調だったオリックスに逆転勝ちを収めたソフトバンク工藤監督は、柳田が復帰した打線に手応えを得た。

 左膝裏の肉離れから復帰2戦目の柳田が、2点リードの7回に左翼席へ復帰後初アーチ。「打った瞬間入ったなと思うくらいすばらしい打球」とうなった。

 一方で「ホームランはすごいなと思うけど、あそこのフォアボールをしっかり取ったのが、内川君のタイムリーにつながった」と評価。1点を追う5回2死、2打席連続の四球を選び、内川の逆転二塁打を呼んだ流れに満足げだ。

 柳田が復帰した21日にプロ初2番で起用し、この日も継続。相手バッテリーの心理を思い「攻めていったらホームランという形になってしまえば、フォアボールありきになってしまうところもあるでだろうしね。ずっと2番に置いとこうかなぁ」。笑いながらも、冗談ではない様子だ。

 23日から千葉へ移動し、今季2勝7敗と大の苦手のZOZOマリンスタジアムでロッテ3連戦に臨む。早ければ23日にもマジック21が初点灯する。

PR

PR

注目のテーマ