コラス衝撃デビューにも若手驚かず/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

 ヤフオクドームの誰もが驚いた。18日の西武戦。初めて出場選手登録され、即スタメンで起用されたキューバ出身のコラスだ。初球の変化球をたたき、右中間テラス席にたたき込んだ。ホークス史上初となる初打席の初球を捉えたアーチ。育成出身助っ人の衝撃的なデビューだった。

 一方でコラスが研さんを積んだタマスタ筑後。その時、ウエスタン・オリックス戦前の練習中だった。ずっと一緒に汗を流した仲間の快挙はすぐ伝えられ、歓声が起こった。驚く声はなかったという。同じ2017年入団の田城は「打つと思ってました」と話した。

 負傷者が続出した今季、筑後で己を磨いた若手が躍動した。そのかいあって1軍は現在も首位。ファーム選手にとっては自信につながり、感じることも多かったはずだ。来季支配下を目指す田城は「負けられない」と気持ちを新たにする。身近な仲間の活躍を刺激に、また新鋭が出てくることを期待したい。 (山田孝人)

PR

PR

注目のテーマ