ソフトバンク内川逆転V打 絶好調!3戦連続マルチ

西日本スポーツ

5回2死一、二塁、2点二塁打を放ち、両拳を突き上げる内川 拡大

5回2死一、二塁、2点二塁打を放ち、両拳を突き上げる内川

 ◆ソフトバンク5―1オリックス(22日・ヤフオクドーム)

 ベテラン内川が値千金の逆転打で勝利に貢献した。1点を追う5回。2死から福田、柳田の連続四球で一、二塁となると、1ボールから張奕の直球を捉え、中越えの2点二塁打とした。「3回にも(2死一、二塁の)チャンスで回ってきて打てなかったので、何とかしたいと思っていた」。打線は4回まで張奕にわずか2安打に封じられたが、一振りで一転。続くグラシアルの適時二塁打にもつなげた。

 2年ぶりのリーグVへ向け、そのバットの勢いが止まらない。12日の日本ハム戦から9試合連続安打。7回も柳田の復帰後初アーチ直後に右前打を放ち、19日の西武戦から3試合連続マルチ安打だ。「優勝とかが近づいてくると、周りが騒がしくなるだけ。僕らにとっては、開幕してから大事じゃない試合はない」。残り試合も勝利を呼ぶ一打を放ち続ける意気込みだ。

PR

PR

注目のテーマ