ソフトバンク甲斐野「初めて見た」柳田の最高ポーズに興奮

西日本スポーツ

7回を3人で抑え、柳田(右)を迎える甲斐野 拡大

7回を3人で抑え、柳田(右)を迎える甲斐野

7回1死、左越えソロを放ち、「サイコー」ポーズを披露する柳田

 ◆ソフトバンク5―1オリックス(22日・ヤフオクドーム)

 甲斐野が中軸を封じ21ホールド目をマークした。2点リードの7回から登板。前日3安打のロメロを157キロ直球で中飛、前日4安打のモヤを直球で空振り三振に仕留めると、東洋大時代のチームメート中川を157キロで中飛にねじ伏せた。

 完璧な投球を見せながら、この日は柳田の復帰後初アーチに興奮。「初めて生で(パフォーマンスの)最高っ!が見られました」と満面の笑みを見せた。

PR

PR

注目のテーマ