初日特選7Rは小川丈太の捲りに期待 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(7レース制。A級1、2班戦)が25日に開幕する。高得点者が顔をそろえる特選7Rはライン2分戦。前期S級で99点を稼いだ小川丈太(徳島)が、後ろ攻めから苦手な押さえ先行になりそうな曽我圭佑(熊本)を豪快に捲り切るとみた。今節は笠松将太(埼玉)、瀬戸晋作(長崎)、桜井雄太(愛知)も予選に控えており、V争いはし烈を極めそうだ。


【9R・特選コメント】
(1)高田大輔 ハンドルを狭くして、ギアを3・92から93に上げたら楽に走れるようになった。小川君の番手は何度もあるし、相性もいいですよ。
(2)阿部英光 高橋君が浦川さんの後ろに行くなら、自分は決めず。調子は問題ないと思います。
(3)曽我圭佑 地区プロのスプリント予選で自己ベストが出たし、調子は悪くない。新ルールになって積極的に走れてないのが少し気になる。自力で。
(4)高橋隆太 前回は5年ぶりの地元V。その後は日にちがあったので練習もできた。もう自力は出ない。浦川さんの後ろ。
(5)浦川尊明 空いているなら曽我君の後ろに行く。前回は初日落車、2日目が失格。今回は無事に走ろうかなと思うけど、S級点を取りたいし、そんなことは言ってられない。
(6)土井 勲 特選に乗れて良かった。前回はセッティングをいじりすぎて失敗した。今回は戻すので大丈夫。高田君に。
(7)小川丈太 いまは先行だけでなく捲りもやっている。この先、引けない場合はヨコもしなければと思っている。前回後に夏風邪で寝込んだが、参加する以上は大丈夫。自力。


<各レースの見どころ>


 (1R)バック0本の三浦がシビアな位置取りも考えながら立ち回る。もつれて池部の逃げ残り注意。
【3連単】1―7―234。


 (2R)京都の同年齢コンビは点数上位の金子が前。ということは、展開では好位狙いも十分にある。久保「腰痛が出たし、調子は走ってみてから」
【3連単】7―1―234。


 (3R)大竹は誘導ペースが上がる新ルールに手間取っているが、7車でのレースは初めて。克服可能とみて本命視。田口「大竹さんには何回も離れている」
【3連単】7―1―245、7―25―25。


 (4R)「今回から新車です」と目を輝かせる瀬戸が前回Vの勢いをさらに加速させる。仲山「自分が3番手。寺崎君には逃げてもらったことがある。借りを返そうと思っていた」
【3連単】7―4―135。


 (5R)桜井は「6連続で優出中? それはたまたまです」と謙そんも、予選クラスなら間違いなく確勝級。鳥越「7車のレースはあまり得意じゃない」
【3連単】1―7―245。


 (6R)今期96点の笠松が負けるとは思えない。「昨夏から平原(康多)さんと練習をやらせていただいて、今年中盤から効果が出始めた。フレームは平原さんのモノを使ってます」
【3連単】1―7―345。


 (7R)小川は風邪明けでやや不安あるが、曽我よりも若いなら回復力を信じたい。ただ早めに捲って、マーク高田に逆転される展開は考えておきたい。
【3連単】7=1―235。
 

PR

PR

注目のテーマ