ソフトB苦手ロッテに2回で9失点 ミランダ2回もたずKO

西日本スポーツ

 ◆ロッテ‐ソフトバンク(24日・ZOZOマリンスタジアム)

 首位のソフトバンクが6勝13敗と大きく負け越しているロッテに序盤から大量失点した。

 先発のミランダが2回途中で早々にKOされた。初回に1点のリードをもらったが、先頭の荻野にソロを浴びて同点に追い付かれると、2死一、三塁から投ゴロを自ら悪送球し、あっさりと勝ち越しを許した。さらに二、三塁からレア-ドに中前適時打を打たれ、この回4失点。2回も立ち直ることができず、1安打2四球で無死満塁とし、マーティンに犠飛を打たれて5点目を献上。ここでホークスベンチは交代を決断した。だが、リリーフの椎野も2安打1四球と悪い流れを止めることができず、2回を終わって大量8点のビハインドを背負うことになった。

 ミランダは「先発の役目を全く果たせなかった。ボールを操ることができずに、バッターと勝負することができなかった。チームに申し訳ない」とコメント。4回1/3で降板した前回の西武戦に続くKOを悔やんだ。

PR

PR

注目のテーマ