西武森自己最多タイ17号 2015年以来のキャリアハイ

西日本スポーツ

 ◆西武-楽天(24日・メットライフドーム)

 西武の森友哉捕手(24)が、2015年に並ぶ自己最多の17号ソロ本塁打を放った。1点リードの5回無死。左腕辛島の真っすぐをバックスクリーン左に運んだ。「打った瞬間はホームランになるとは思いませんでした。どうしても追加点がほしい場面だったので打てて良かったです」とコメント。1点を追う3回1死三塁からは同点の遊撃適時内野安打を放っており、「良いところに飛んでくれました。ゲンさん(源田)が三塁までいってくれたのでゲンさんをかえす気持ちで行きました。(高橋)光成も頑張っている中で早めに追いつけて良かったです」と話していた。

PR

PR

注目のテーマ