元J2福岡の井原氏、冨安にエール 「高いレベルで力を」 あすセリエA開幕戦

西日本スポーツ

 サッカー日本代表で今夏イタリア1部リーグ(セリエA)のボローニャに移籍した冨安健洋(20)=福岡市出身=が25日(日本時間26日)にベローナとアウェーで開幕戦を迎える。冨安とアビスパ福岡時代に監督として接した井原正巳氏(現J2柏ヘッドコーチ)がエールを送った。

 井原氏は福岡で2015年から3シーズン、冨安を指導した。自身の現役時代と同じポジションを務めるまな弟子について「厳しい環境でプレーするのは、覚悟を持って決断したことだろう。そういう場所を求めていくのが彼らしい。その向上心が現在の地位を築くことにつながった」とたたえた。

 日本人のセンターバックでセリエAに出場した選手は過去にいない。欧州でも守備重視とされるリーグ。そこでの活躍は、来年の東京五輪、22年のワールドカップ(W杯)につながる。井原氏は「より高いレベルで力をつければ、代表でも不動のセンターバックになれる。福岡、日本の代表として素晴らしい選手になる姿を見守りたい」と期待した。 (松田達也)

PR

PR

注目のテーマ