西武、3連勝はならず 十亀、背信の7失点

西日本スポーツ

 ◆西武2-14楽天(25日・メットライフドーム)

 パ・リーグ2位の西武が同一カード3連戦3連勝を逃した。

 西武先発の十亀は初回1死二、三塁、ブラッシュの右翼線二塁打で2点を先制されると、5回には堀内、島内に適時二塁打を許し、なお2死二塁で浅村に右翼席への2ランを浴び、リードを6点に広げられた。5点差となった6回も続投したが、無死一塁で投球動作中にボールを落としてボーク。1死となって和田に適時二塁打を食らった。続く田中を二ゴロに打ち取ったところで降板。6回途中まで被安打8、7失点で5敗目を喫した

 打線は6回に木村が5年ぶりの2桁到達となる10号ソロを左翼席に運んだが、失点が重すぎた。

PR

PR

注目のテーマ