初日9R特選は日野博幸を本命視 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(9レース制)が30日に開幕する。ガールズ戦の高木真備(1R)が「落車続きだけど、新しい気持ちで頑張ります」と気丈に話すと、佐藤水菜(2R)も「前回の敗戦で吹っ切れた。先行します」と好気合。V争いはこの両者に、巧みなレース運びの小林莉子(2R)を加えた3人がけん引する。A級1、2班戦の最終9R特選はライン3車の日野博幸を本命視。


【9R・特選コメント】
(1)日野博幸 前々回の後から練習とケアの方法を変えて良くなってきたと思います。自力勝負で。
(2)吉良勝信 前回の失格は仕方ない。今期はここからと思って頑張りますよ。四国勢の後ろから。
(3)吉田勇人 100点近く持ってA級に落ちた割には、少し苦戦してますね。S級でも連係したことがある鈴木君に任せる。
(4)柴田祐也 シューズを換えてから良くなってきた。藤井さんが任せてくれるし、一発を狙う。
(5)鈴木謙二 前回の落車は擦過傷がひどかった。でも配分が空いていたので大丈夫と思う。自力。
(6)藤井孝則 柴田君に頑張ってくれと言いました(笑)。やってくれるでしょう。調子は問題ない。
(7)大久保直也 自分の調子というよりも、全ては日野君次第やね。別線に粘られず、自分が離れないように駆けてくれることを願います。連係は初めて。


<各レースの見どころ>


 (1R)高木のデキに注目だ。5、6月は体調を崩して欠場し、やっと7月から復帰したが別府、名古屋で連続落車。それでも「骨折しなくて良かった」のは不幸中の幸い。中嶋「予選はいいけど、決勝の着が悪いので何とかしたい」。荒川「練習できているし、いい状態と思います」
【3連単】7―25―25。


 (2R)佐藤は「アルテミス賞(5着)は何もできずに終わったので…。あれで気持ちが吹っ切れたし、先行します」と、デビューして初めての先行宣言。小林「ドリームレースで右鎖骨を骨折。休んでいるとグランプリ争いで置いて行かれますからね」。出水「少しずつレースに慣れてきた。練習も体のケアもできたので頑張りたい」
【3連単】4=3―167。


 (3R)山崎のバック28本は、先行マニアもびっくりの数字。それでも「前回決勝は気持ちの弱さが出てしまい、悔しかった」と唇をかむ。負けず嫌いのハートは今後が楽しみな逸材だ。西徹「調子は良くも悪くもない」。外山「2月の落車から思うように走れていない」
【3連単】1―7―235。


 (4R)猪狩がパワー攻勢で押し切る。後ろはマーク堅実な柳で本線。勝部「前々回からギアを3・93に換えて調子は上向き」
【3連単】7―1―234。長野の前残りで7=2―134も配当次第で。


 (5R)S下がりの利根はA級でも苦戦。どんどん点数を落としているが、予選では負けてはならない立場。立石「和歌山決勝(7着)で落車。肋骨が1本折れたけど大丈夫です」
【3連単】1―7―456。


 (6R)113期の真杉は「まだ流れに乗れていない」というが、7車のレースならお手の物。高橋「前回は夏休み明けで良くなかったけど、もう大丈夫」
【3連単】7=1―234。


 (7R)柏木は巧みな話術で宇賀神の勧誘に成功。1枠でライン3車なのは大きなプラス材料だ。宇賀神「柏木君には世話になったこともあるし、レースもうかいからね」
【3連単】1―7―235。


 (8R)「今期こそS級点を取りたい」という多田が力の違いを見せつける。小林は「多田君の番手は少々、荷が重いね」。2、3着争いは、ともにA3上がりで好調な井上と伊藤にも出番がありそう。
【3連単】1―7―345。小林が切れると1―3=5か、1―24=245。


 (9R)日野は、特別昇班した弟子・外田心斗(115期)の活躍も刺激になっている様子。鈴木が中近勢まで引き込んで先制しそうだが、早めの反撃捲りで大久保とワンツーを決める。
【3連単】1―7―234。
 

PR

PR

注目のテーマ