峰が逆転トップ狙う ボートレースメモリアル 【大村】

西日本スポーツ

 大村ボートがナイター開催を始めてから初のSG戦、「第65回ボートレースメモリアル」は30日、予選ラストの4日目を迎える。予選トップを走るのはオール2連対の毒島誠。低調だった前検から整備で一変。今や上位級のパワーでトップ通過へとまっしぐら。追うのは峰竜太で、まだまだ逆転のチャンスを残す。地元原田幸哉が3位と、準優1号艇圏内に付けている。準優当確は上位2人と、4位タイの若林将と吉田拡郎ら4人。現ボーダー以下にとどまるドリーム組の吉川元浩、柳沢一や、SG連続Vが懸かる瓜生正義、地元の桑原悠らが勝負駆け。

PR

PR

注目のテーマ