西武・栗山通算1806安打 石毛の球団最多に並んだ

西日本スポーツ

 ◆西武4―2ソフトバンク(30日・メットライフドーム)

 栗山が通算安打数を1806本に伸ばし、石毛宏典が1981~94年に放った球団最多記録に並んだ。2回無死、千賀の初球カットボールを右翼線に運ぶ二塁打を放った。「好投手なので球種に関わらず打てる球を打ちにいかないと、手も足も出なくなる。ファーストストライクから勇気を持っていった」と首位決戦で放った貴重な快音を振り返った。プロ初安打は3年目の2004年。西武一筋18年目で歴史に名を刻んだベテランは、25年ぶりの記録更新へ「ここぞの一本を打てるように頑張ります」と誓った。

PR

PR

注目のテーマ