ソフトバンク川島、代打で左腕撃ち

西日本スポーツ

 ◆西武4―2ソフトバンク(30日・メットライフドーム)

 川島が左キラーの役割を果たした。同点の7回1死二塁で明石の代打で出場。左腕野田の外角シュートを逆らわずに右前にはじき返した。「バットに当たれ、という感じだった。つないでチャンスが広がったのは良かった」。勝ち越し打にはならなかったが、対左投手の打率は4割1分5厘と驚異的な数字を誇っている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ