麺酒場 朱拉(しゅら) 独自に研究した中華そば 福岡市博多区

西日本スポーツ

 福岡市内の豚骨ラーメン店に勤務していた店主今満圭翼さん(32)が、独自に麺料理を研究し5月に開業した。お薦めは「中華そば」(650円)。鶏がらスープに、げんこつ(豚の太ももの骨)と7種類以上の野菜から取るスープを合わせる。それに、トビウオやキノコ、昆布で取っただしなどで作る返しを加える。

 「サラダ油や煮干しなどで作った『魚の油』で風味を出しています」。麺は特注の中太縮れ。具はチャーシューやメンマなど。辛味と酸味がある「酸辣湯麺(スーラータンメン)」(750円)も好評。

 福岡市博多区神屋町3の24、あわや荘1階。電話092(986)4812。不定休。

PR

グルメ アクセスランキング

PR

注目のテーマ