九共大・当山初完封 福岡六大学野球

西日本スポーツ

 ◆福岡六大学野球秋季リーグ第1週第1日 九共大6-0福工大(31日・福工大野球場)

 福岡六大学野球秋季リーグ戦(西日本新聞社後援)は31日、福岡市の福工大野球場で開幕戦3試合が行われた。春秋連続優勝を目指す九産大は、春季リーグ戦のMVP武上貴則(3年・飯塚)の3安打3打点の活躍などで九工大に7回コールド勝ち。秋6連覇を狙う九共大はエース当山昇平(4年・名護)が、福工大をリーグ戦初完封となる3安打に抑えて白星発進した。日経大は福教大に6-0と快勝した。

■大学生最後の秋「全部完投する」

 大学生活最後の秋を迎えて初の完封勝利。「最高です。出る試合は全部完投しようと思っています」とエース当山が胸を張った。

 春季リーグ戦はチーム最多の4勝を挙げながら、最長イニングは6回1/3。「春は中継ぎに負担をかけたので投げるスタミナをつけよう、と思いました」。今夏、これまで1日70球程度だった投球練習を最大150球にし、それが秋季リーグ戦の開幕戦でいきなり実を結んだ。9回も失策から2死満塁のピンチを招きながら踏ん張った。

 今春は九産大についで2位の九共大だが、秋季リーグ戦は6連覇がかかる。「自分たちの代で途切れさせたくない。ぜひ神宮で投げたい」と4年生エースは初完封を自信に連覇へ突き進む。 (森本博樹)

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ