ソフトバンク松田宣にお得意様再び 十亀から10発目

西日本スポーツ

 ◆西武1-4ソフトバンク(1日・メットライフドーム)

 松田宣が2戦連発で好投の武田に報いた。リードを3点に広げる26号ソロが飛び出したのは6回。2ボールからストライクを取りにきた真ん中のカーブを仕留め、左翼席にたたき込んだ。「ボールに食らいついて打ちにいった」。十亀から通算10本目の本塁打。

 毎年のように打ち込む“お得意さま”ながら、今季はここまで6打数1安打の打点ゼロだった。その十亀に再び苦手意識を思い起こさせ、勝利に導いた。

PR

PR

注目のテーマ