バンデン復帰、長谷川勇が藤浪撃ち/ソフトバンク2軍この1週間

西日本スポーツ

ソフトバンク・バンデンハーク 拡大

ソフトバンク・バンデンハーク

 ◆ウエスタン・リーグ 8月30日~9月1日阪神戦(タマスタ筑後)3試合集計

 8月27~29日のオリックス3連戦(タマスタ筑後)は全て雨天中止。2位阪神を本拠地に迎えての3連戦は1勝2敗の結果だった。

 8月30日は右肘故障で離脱していたバンデンハークが約3カ月ぶりに実戦復帰した。3回1失点だった先発ミランダに続いて、4回から2番手で登板。2回を無安打、2奪三振で無失点に抑えた。

 来日5年目の今季は腰痛で出遅れ、6月に戦列復帰も右肘の張りを訴え再び離脱。一時渡米してPRP療法を受けていた。登板予定が2度、雨で流れたが、復帰にこぎつけた。

 同31日は中田が先発し、2回を2安打無失点。1軍の28日オリックス戦で今季初登板する予定だったが、雨の影響で流れていた。2番手で登板した二保は4回5失点。状態を上げるため再調整に入った岩崎は1回2失点だった。

 9月1日は大竹が中継ぎ登板し、3者連続を含む4奪三振で2回無失点。なお、この日は先発・笠谷、2番手・杉山も3回4奪三振の無失点で、杉山はパーフェクトの内容だった。

 野手では長谷川勇が、8月31日に藤浪から5号ソロ。同21日の降格後に出場した全4試合で安打を放ち、本塁打は2本目だ。9月1日は美間が4号2ランを含む4打点の活躍。また栗原は4打席で左前、中前、右前、内野安打をそろえる4安打。期間中3試合で6安打の固め打ちだった。

 今後は3日から広島3連戦(由宇)。試合のない週末を挟んでビジター7連戦を控えており、次のホームゲームは21日広島戦(タマスタ筑後)まで空く。

PR

PR

注目のテーマ