ソフトバンク冷や汗も高橋礼11勝 西武1差ピタリ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-2楽天(3日・ヤフオクドーム)

 パ・リーグ首位のソフトバンクは序盤のリードを生かし、1点差で逃げ切りに成功。約半月ぶりの連勝を収めた。

 楽天の先発・岸に対し、初回1死満塁の好機は逃したものの、2回に今宮のソロで先制。4回には内川に2ランが出て、リードを3点に広げた。

 序盤に粘って援護を引き出した先発・高橋礼は、中盤にかけて快調に飛ばし、途中12人連続斬り。ところが3点リードの8回1死から辰己、小郷に連続ソロを浴び、1点差に迫られて降板となった。

 後を受けたモイネロは2死満塁のピンチを辛くも脱出。9回も森が1死一、二塁とされたが、後続を断った。

 高橋礼は千賀に並びチームトップ、リーグ2位タイの11勝目。2位西武も勝ち、1ゲーム差は変わらなかった。

PR

PR

注目のテーマ