植田、古巣本拠地で“恩返し”を 5日カシマSでパラグアイ戦 

西日本スポーツ

リラックスした表情でジョギングする久保(右)と植田(右から2人目) 拡大

リラックスした表情でジョギングする久保(右)と植田(右から2人目)

 植田が古巣への“恩返し”を目指す。熊本・大津高から鹿島入りし、昨年7月にベルギーに移籍。「カシマスタジアムで試合をできる機会はなかなかない。自分の成長が見せられるプレーをしたい」と意気込んだ。所属のセルクル・ブリュージュではリーグ開幕戦から毎試合出場を続けており、日本代表でも高さと強さを生かした堅守を発揮する覚悟だ。

PR

PR

注目のテーマ