ソフトバンク森 危機切り抜け28S

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3―2楽天(3日・ヤフオクドーム)

 森がひやひやの28セーブ目を挙げた。1点リードの9回から登板したが、1死から渡辺佳、辰己に連打を浴び一、二塁のピンチを迎えた。一度、間を取ると、前の打席で本塁打を放った小郷を内角高めのカットボールで空振り三振、最後は足立を三ゴロに打ち取りゲームセット。「チームが勝てたことが一番。7連戦の頭(初戦)を取れたのは大きい」と涼しい顔で振り返った。

PR

PR

注目のテーマ