JR九州が第2代表決定戦へ 左腕井上「いつでも投げる」連投覚悟

西日本スポーツ

 JR九州が第2代表決定戦に進んだ。今大会2試合目の先発だった左腕井上が、地元の宮崎梅田学園を相手に6回途中1失点と好投。「調子は良くなかったが、何とか試合をつくることだけを考えた。相手は一発があるのでそれに気を付けた」。

 2大会ぶりの本大会出場が懸かるホンダ熊本との第2代表決定戦も「いつでも投げるつもり」と力強かった。

PR

PR

注目のテーマ