競輪・養成所ゴールデンキャップ

西日本スポーツ

 日本競輪選手養成所(静岡県伊豆市)で2~4日に117回生(男子)と118回生(女子)の「第2回卒業認定記録会」が行われ、好成績者に贈られるゴールデンキャップを坂本紘規(青森)、町田太我(広島)、菊池岳仁(長野)、寺崎浩平(福井)、永塚祐子(神奈川)が獲得。男子候補生の4人同時獲得は史上最高人数で、男子は通算20人、女子は7人目。記録は次の通り。

 【男子基準タイム】(1)200メートルフライングダッシュ(FD)11秒20以内(2)400メートルFD23秒00以内(3)1000メートルタイムトライアル(TT)1分08秒00秒以内(4)3000メートルTT3分49秒50以内

 坂本紘規(1)10秒90(2)22秒47(3)1分07秒93(4)3分48秒64

 町田太我(1)10秒88(2)22秒29(3)1分07秒74(4)3分45秒87

 菊池岳仁(1)10秒56(2)21秒88(3)1分04秒05(4)3分39秒43

 寺崎浩平(1)10秒33(2)21秒99(3)1分07秒53(4)3分48秒00

 【女子基準タイム】(1)12秒30以内(2)25秒50以内(3)500メートルTT38秒30以内(4)2000メートルTT2分41秒50以内

 永塚祐子(1)12秒28(2)25秒50(3)37秒47(4)2分41秒32

PR

PR

注目のテーマ