ソフトバンク4連勝、モイネロと森4連投 楽天拙攻

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-2楽天(5日・ヤフオクドーム)

 投打がかみ合ったソフトバンクが連勝を「4」に伸ばした。

 楽天の先発・美馬を相手に、初回に1番牧原の安打と二盗からデスパイネが先制打。直後の2回、今季初登板の先発・中田が3四死球で満塁のピンチを招いたが、粘って同点を許さなかった。

 1点リードの5回、中田が2死二塁から茂木への四球、藤田の適時打で同点とされると、ベンチは継投を選択。椎野を投入した。浅村の一塁線への当たりを一塁手・内川が好守で押さえ、この回同点にとどめた。

 すると直後の5回、高谷が右越えの今季1号を放ち勝ち越しに成功。6回には内川、松田宣の連続二塁打で1点を加え、美馬をKOした。

 椎野は6回まで投げ、7回は甲斐野が無失点。8回にモイネロがブラッシュにソロを許して1点差に迫られたが、9回は森が三者凡退に抑えた。

 この4連勝中は点差が開かず、モイネロ、森は1日西武戦から4連投。甲斐野も4試合中3試合に登板している。

 楽天は5回までに先頭打者が3度出塁したものの、バント失敗が目立ち、中田を捉えられなかった。

PR

PR

注目のテーマ