実力差は紙一重 ソフトバンクと楽天の明暗分けたのは/藤原満氏の目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-2楽天(5日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは、日本ハムに3連勝して岸、則本昂、美馬の3本柱で挑んできた楽天に3連勝したが、実力差は紙一重だった。明暗を分けた、その差は選手層の厚さの違いだ。

 高谷の5回の一発は、長いイニングを投げることを意識した美馬の失投であり油断だろう。前夜、松田宣が4回2死から、カウントを取りにいった則本昂の初球を本塁打したのと同じ。好投手ほど下位打線でペース配分を考え、甘い球を投げてしまう。ソフトバンクには、その一球を見逃さない打者が下位打線にもいるということだ。

 けが人が戻り、ベテランの松田宣や内川も調子を上げ、打線に迫力が出てきた。その中で、中村晃の2番が効いている。三振が少なく、球数を投げさせ、ミートもうまい。相手投手の集中力や体力を奪っている。

 不安があるとすれば救援陣の登板過多だ。終盤の3回に三振を取れる救援陣が控えているのは最大の武器であり、起用したくなる。先発完投する投手が少なくなり、その傾向が年々強くなって肩や肘を痛める投手も少なくないが、解決策は浮かばない。常勝チームが悩み続ける課題なのかもしれない。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ