オリ荒西の元同僚1失点も援護なく 日本選手権あと一歩

西日本スポーツ

 ホンダ熊本は第1代表決定戦から連敗し3大会ぶりの本大会出場を逃した。2試合連続で先発した下平が2回以外毎回走者を背負いながら、失策による1失点に抑えて7回まで投げたが、味方打線の援護がなかった。「走者を出したことで攻撃のリズムが崩れたのかもしれない」。下平はそう悔やんだが、岡野監督は成長を感じ取っている。「下平はピンチで交代させようとしたが、志願して7回まで投げた。荒西(オリックス)が抜けてエースに成長してくれた」とたたえた。

PR

PR

注目のテーマ