15日、天神で女子プロレス興行 長与千種の秘蔵っ子“凱旋” 福岡市出身・彩羽匠

西日本スポーツ

 女子プロレス界の“レジェンド”長与千種が代表を務める団体「マーベラス」が15日、福岡市・天神の西鉄ホールで同市出身の彩羽匠(いろは・たくみ)の「凱旋(がいせん)大会」と題した興行を開く。長与と団体のエースでもある彩羽はこのほど、天神の西日本新聞社を訪れ、興行をPR。長与は「彩羽を中心に若い世代の新しいプロレスの景色をお見せしたい」と来場を呼びかけた。

 福岡・九産大九州高、日経大などで剣道に打ち込んでいた彩羽は2013年にデビュー。15年、憧れていた長与が設立したマーベラスに移籍し、他団体のベルトを二つ持つ女王に君臨するまでになった。「他団体から持ってこいって言ったら本当に取ってきた」と長与は成長に目を細める。

 彩羽は「若い子たちがプロレスを頑張っている姿を見て、若い世代に夢を与えたい」と意欲を燃やした。長崎県大村市出身の長与は「九州の興行は私も気合が入る。彩羽には強い相手をぶつけたい」と“予告”した。

 前売り券はリングサイド席1万円、A席7000円、B席6000円、C席5000円、自由席4000円。当日券は前売り券から500円アップするが「西スポ見た」と言えば前売り価格で販売する。問い合わせはマーベルカンパニー=047(406)5991=へ。

PR

PR

注目のテーマ