ソフトバンク内川「いっぱい投げたから、しっかり休めよ」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2―0ロッテ(6日・ヤフオクドーム)

 19年目の内川が、味方のノーヒットノーラン初体験に興奮を隠せなかった。2012年にはオリックス西を相手に屈辱を味わったが、自軍で経験するのはプロ入り後初。「微妙な当たりをヒットにしてもダメなので、最終回は本当に緊張した。(無死一、二塁で)バントじゃないなら、自分のところに打球が飛んでくるのを覚悟していた」と、鈴木の一、二塁間への鋭い打球を冷静に処理し二塁への送球でアウトを奪った。偉業達成直後には千賀に「いっぱい投げたんだからしっかり休めよ」と優しい言葉で祝福。「大事な時期にチームに勢いを与えてくれたから、僕たちはこれを明日以降につなげたい。でも(7日先発の)和田さんはプレッシャーがかかるだろうなぁ」と笑みを浮かべていた。

 ◆柳田(千賀の無安打無得点に)「すげえ。でも、やっとしやがった。去年からずっとすると思ってました」

PR

PR

注目のテーマ