ソフトバンク和田無念「千賀が作った良い流れに…」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク和田は2試合連続で5回を投げきれず、無念の降板となった。

 初回を三者凡退の立ち上がり。3回、鈴木に初めての四球を与えて2死一、二塁のピンチを招いたが、中村奨を三ゴロに打ち取った。

 4回も1死一、二塁とされて後続を断ったが、5回1死一塁から鈴木への死球で一、二塁。中村奨に先制左前打を浴び、ちょうど100球で降板を命じられた。

 なお2死二、三塁で2番手・椎野が井上に犠飛を許し、和田は2失点。「昨日の千賀(6日に無安打無得点試合を達成)が作ってくれた良い流れに続きたかった。先制点を与えてしまって早い回で降板することになり、チーム、中継ぎ陣、ファンの皆さんに本当に申し訳ないです」と厳しい表情だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ