プロ初完封許したソフトバンク 初M灯の絶好機逃す

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-4ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクはロッテ西野にプロ初完封を許し、連勝が「5」でストップした。

 初回に1番牧原の内野安打から連打で無死一、二塁としたが、主軸が凡退。3回2死一、二塁でも4番デスパイネが捕邪飛に倒れた。

 4回は2死一、三塁で打者・甲斐のとき重盗を仕掛けたが、三塁走者のグラシアルが本塁憤死。直後の5回、逆に先発・和田が先制を許して降板すると、2番手・椎野が続投した6回、マーティンに2ランを浴びた。

 打線は西野のフォークに手を焼き、9回は主軸が三者凡退。5回から打者15人連続凡退で試合を終えた。西野は4安打完封、球数は114だった。

 2位西武がデーゲームで敗戦。引き分け以上で優勝マジックが初点灯するという状況で臨んだナイターだったが、絶好のチャンスを生かせなかった。

PR

PR

注目のテーマ