日経大 延長10回サヨナラ開幕3連勝

西日本スポーツ

 ◆福岡六大学野球秋季リーグ第2週第1日 日経大3―2九工大(7日・福工大野球場)

 福岡六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社後援)第2週1日目は7日、福岡市の福工大野球場で3試合を行い、日経大が九工大に3-2で延長10回サヨナラ勝ちし、九共大、九産大とともに開幕3連勝を飾った。サヨナラ打の5番高原潤哉(3年・尽誠学園)は3安打2打点の活躍を見せた。九共大は福教大に7-0で7回コールド勝ち。先発の当山昇平(4年・名護)が2試合連続で完封した。九産大は福工大に1-0でサヨナラ勝ち。エース福森耀真(4年・北九州)が完封勝利を挙げた。

■同率首位キープ

 日経大が延長10回サヨナラ勝ちで開幕から3連勝し、同率首位をキープした。「何とか勝ててよかった。第2週までで4連勝すれば次につながる」。岡留浩紀監督は後半の優勝争いを見据えた。

 5番高原が10回1死満塁で左前にサヨナラ打。「球が遅かったので打ちにいくことなく、センターを狙った」。4番前田偉吏(4年・都城)が直前で申告敬遠されて打席が回ってきた。7回に高原は前田の申告敬遠後の1死一、二塁で中飛に倒れていた。「7回の打席が悔しかったので、今度は自分で決めてやろうと思っていた」と悔しさを晴らした。

 2回には先制打も放って3安打2打点。今季は3試合とも安打、打点を記録し、好調をキープしている。「開幕までは調子が悪かったけど、リラックスして打つようにしている」と結果が出るようになった理由を自己分析した。

 昨季3位の日経大は第3週から九共大、九産大との対戦が続く。「野手の間を抜く打球を意識していきたい」。高原は上位進出につながる活躍を誓った。 (前田泰子)

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング