西武・山川6戦ぶり41号守備のミスは反省

西日本スポーツ

2回、ソロ本塁打を放ちどすこいポーズを決める西武・山川 拡大

2回、ソロ本塁打を放ちどすこいポーズを決める西武・山川

 ◆楽天5―3西武(7日・楽天生命パーク宮城)

 本塁打王争いでトップを走る山川が6試合ぶりの41号ソロを放った。2回無死、辛島のカーブを狙い澄ましたように振り抜くと、大きな当たりが左翼席中段に飛び込んだ。「久しぶりにホームランが打てて良かった。タイミングが合ったらいこうと思っていた」と満足げ。4回の一塁守備では茂木のゴロを処理した際にトスではなく、自分でベースにつこうとしたが、遅れて内野安打に。その後の4失点につながり、「完全に判断ミス。ピンチを広げてしまった。そういうことがないように」と反省した。

PR

PR

注目のテーマ