ソフトバンク和田「リズム悪かった」 今季初連敗4回1/3、2失点4敗

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0―4ロッテ(7日・ヤフオクドーム)

 千賀の快投には続けなかった。5回途中で降板し、4敗目を喫した和田は「千賀がつくってくれた良い流れを引き継ぎたかったけど、自分のリズムが悪くチームも後手後手になってしまった」と悔しがった。

 前日6日にエースがノーヒットノーランを達成。チームメートの快挙を見届けるのは、38歳のベテランでも初体験で「これで、自分が最初に打たれたら笑われるでしょうね」と冗談交じりに口にしていた。

 その初回は先頭岡を直球で右飛に仕留めるなど、三者凡退。3、4回は得点圏まで走者を進めながら踏みとどまっていた。

 つかまったのは5回。安打と死球で1死一、二塁として、中村奨に100球目のチェンジアップを左前への先制打とされた。ここで降板。残した走者も1人生還し、4回1/3で2失点。自己最短タイの2回6失点で降板した前回8月31日西武戦(メットライフドーム)に続き、自身今季初の連敗となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ