西武の勝ち頭、高橋光離脱 右肘違和感で検査へ

西日本スポーツ

7日の楽天戦で6回5失点で黒星がついた高橋光 拡大

7日の楽天戦で6回5失点で黒星がついた高橋光

 西武の高橋光成投手(22)が8日、右肘の違和感を訴え、出場選手登録を抹消された。6回5失点で黒星を喫した7日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)の試合中から違和感を感じていたという。首位ソフトバンクと激しいマッチレースを繰り広げる中、10勝を挙げている勝ち頭の離脱は大きな痛手となりそうだ。

 8日の試合前練習には参加し、ノースローで引き揚げた。都内に戻り、近日中に検査を受ける方針。高橋光は「今年はコンディション良くやって来られていた。1年間投げきったことがなかったので、どういう診察になるかは分からないけど、投げきりたかった。首位争いの中でチームの力になりたかった。まだ終わったわけじゃないので、できるだけ早く戻って投げられるようにしたい」と無念さをにじませた。小野投手コーチは「肩、肘に関しては何かあったらいけない。検査をして不安を取り除いてしっかりやってくれればいい。(復帰は)診断次第でどうなるか分からない」と説明した。

PR

PR

注目のテーマ